iTunesのコラム

Column

iTunesの買取について

iTunes

iTunesカードはアップルギフトカードになる!?(2021年11月11日追記)


2020年11月10日にアメリカ等で先行販売されていた、アップルギフトカードの販売が開始されました。

アップルギフトカードは、iTunesカードやアップルストアギフトカードが統合されたギフトカードとなっております。


ナナギフトはこのアップルギフトカードの買取を買取サイトの中でも最速で受付しております。

アップルギフトカードについてや、買取レートが気になる方は下記の記事を確認ください。

アップルギフトカードの買取について

ナナギフトがiTunesカードの換金率最大95%を実現できている理由


電子マネーの買取サイトでは今までAmazonギフトカードが主流でしたが、現在はiTunesギフトカードの方が業者側で高レートで買取できることから、

iTunesギフトカードが電子マネーの買取市場の主流となってきています。


ナナギフトでは現在特にiTunesカードの買取レート(換金率)に力を入れており、最大95%の買取率を実現しています。


2回目以降のレートも最大90%と他社より高いレートを設定させて頂いているのも強みです。


本ページではナナギフトがiTunesギフトカードに強い理由やその背景、iTunesカードに関してのお役立ち情報をお伝えいたします。


【11月1日更新】現在のiTunesカードの買取状況


2021年11月1日時点の「iTunesギフトカード」の買取レート


2021年11月度もナナギフトはiTunesカードの買取に力を入れております。

11月度も業界最高買取額を目指し、高い買取額にて買取受付を行っておりますので、ぜひ現在の買取レートを下記から確認くださいませ。


ナナギフトがiTunesカードの買取率最大95%を実現できている理由


理由①電子マネー買取16年の実績で販売ルートが豊富

ナナギフト自体は2021年度から運営を開始しているサイトですが、会社のメンバーは16年の実績を持つ電子マネーのプロフェッショナルです。


電子マネーのプロフェッショナルだからこそ、レートが上がるタイミングや、長年の取引により販売ルートが安定しています。


そのためお客様から買い取った電子マネーを確実に販売できるようになっているため、高い買取レートを実現することが出来ています。


こちらも理由①と少し重複しますが、電子マネーの買取依頼の中には、空売りをする方が未だに存在します。

※空売りとは、使用済みの電子マネーで買取を行う行為のこと


他の買取業者は空売りでの被害額を考慮し、買取レートを下げて運営を行っているのが現状です。


しかし、ナナギフトでは独自のノウハウにより、空売りを事前に防ぐことができるため、被害額を考慮する必要がありません。


そのため初回と2回目以降ともに、他社より高い買取レートを実現しています。


理由③初回買取だけでなく継続的にご利用頂くことを重視している

ナナギフトは、初回買取を目的にしておらず、継続的に安心して満足頂けることを目的に運営しています。


そのため、2回目以降のレートも他業者より高い買取レートを設定しております。


ナナギフトが振込み最短10分24時間買取申込を実現できている理由

買取レートの次に買取サイトを選ぶ際に、重要視されるのは換金までのスピードと対応時間だと思います。



ナナギフトでは最短10分でスピード振込が可能です。


また24時間の買取申込を実現しており振込みについても、モアタイムシステム(銀行間での平日夜間・土日祝日における即時入金時間を拡大するもの)に加入されてる銀行であれば原則24時間お手続きが可能です。


理由①振込み専門部署を用意している

ナナギフトではお客様に迅速な振込みを実現できるよう、振込み専門部署を用意しております。


振込み専門部署はお客様からの買取依頼が入ってきてから、振込みのみを担当する部署となっているため、最短10分というスピーディーな振込み速度が実現できています。

理由②従業員のシフト制を導入しており24時間対応を実現している

電子マネーの買取依頼をされる方の多くは当然ながら、日中はお仕事をされているかと思います。


そのため、深夜や朝方等に依頼をされたいという方も多く、そのようなニーズに対応するため、従業員には日勤と夜勤の2シフトを導入し、24時間対応を実現しております。

他サービスの買取レートやサービスを比較(iTunesカード編)

次にナナギフトと他サービスを使ったiTunesギフトカードの買取率の比較を行っていきます。


電子マネー買取のマッチングサイトと比較

インターネット上でできる買取方法として、買取サイトの他にユーザー間で売買をするマッチングサイトを利用するという手があります。


マッチングサイトとは、会社を通さず個人間での売買を仲介するプラットフォームを提供しているサイトです。


マッチングサイトと買取サイトではどちらが高い換金率で買取をしてもらえるでしょうか?


売買サイトは、落札金額を出品側が決められるので、買取サイトより高い換金率で買い取ってもらえる可能性があります。


しかし、手数料がかかるのと買い手がつかない場合は換金ができません。


換金までの流れは買い手が落札金額を振込後、手続きを踏んで換金になるので現金化までに時間がかかります。


使い方によっては高い換金率を実現できますが、サイトによって販売手数料や出金手数料が異なるので出品する前に事前に確認しておきましょう。

※出金手数料は固定となっており、大体どのサイトも数百円かかります。販売額が少ない場合は手数料で利益が更に少なくなりますので注意してください。


また、ユーザー間で取引をするためトラブルに巻き込まれることや想定より現金化に時間がかかることもあります。


電子マネーは残念ながら空売り等を行う人が一定いるため、ヤフオク等のサービスより、ユーザー間のトラブルは多いです。


運営もユーザー間でのトラブルについては、基本サポートを行ってくれない点を注意してください。



店舗型買取の比較

その他の換金方法として店舗型の電子マネー買取業者に買い取ってもらうという方法があります。


しかし、iTunesカードの買取を受け付けている店舗はかなり少ないです。


その中でも8割はコードタイプのiTunesカードを買取をしていません。


また、店舗で買取してもらう場合は、レシートが必要です。


iTunesカードを購入した際に捨ててしまったり、そもそもプレゼントでもらったのでレシートを所持していないという方が多いのではないでしょうか。


このように買取できる条件に当てはまる場合がかなり限られてしまうので、店舗型買取業者での買取はあまりおすすめではありません。


オークションサイトとの比較

ヤフオクやモバオクといった有名オークションサイトで、iTunesカードを出品して売ろうと考えた方もいるでしょう。


オークションサイトでは出品額を自分で決めることができるため高換金率を狙うことができると考える方がいらっしゃると思います。


しかし、オークションサイトでは落札されないと現金を手にすることはできないため換金までのスピードに不安があります。


オークションサイトよりもっと格安でiTunesカードを販売しているサイトがあるので、買う人は少ないと言えます。


また、オークションサイトは個人間の売買であるためトラブルが起こりうる可能性もあることを考慮すると、あまりおすすめできる換金方法ではありません。


iTunesカードの換金は買取サイトがおすすめ

買取サイトという換金方法は、iTunesカードの換金をするのが初めてな方はなかなか思いつかない方法かもしれません。


買取サイトを利用して換金をすることで最高な条件でiTunesカードを換金することができます。


高換金率

買取サイトを利用するメリットは、なんといっても換金率が高いことです。


他の換金方法の換金相場が65%~80%のところ、買取サイトであれば70%~80%の換金率で買い取ってもらうことが可能です。


さらに、買取サイトの中でも高い換金率で買い取ってもらえるサイトであれば90%台も可能となっています。


iTunesカードの換金率は72%以上が高換金と言われていますので、iTunesカードの換金に買取サイトが向いていることは間違いありません。


どこからでも申し込みができる

買取サイトの利用方法は、各買取サイトに設けてある申し込みフォームに必要事項

を入力して申し込みをするだけです。


つまり、携帯かパソコンがあればどこからでも換金ができます。


ネット取引で完結するので、iTunesカードを換金するためにわざわざ出向く必要はありません。


24時間いつでも申し込みができる

買取サイトの9割が24時間営業をしています。


お申込みからお振込み、お問い合わせ対応の全ての業務を24時間受け付けています。


昼間はもちろん夜間や早朝などの自分の都合の良い時に申し込める便利なサービスとなっています。


買取サイトのデメリットは回避できる

ここまで、買取サイトのメリットについてお話させていただきました。


当たり前ですが、買取サイトにもデメリットは存在します。


・詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性がある

・振込まで遅い可能性がある


しかし、これらのデメリットもなくすことができます。


詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性がある


買取サイトの中には、ギフト券のカード情報だけ盗んで振込を行わなかったり、個人情報を悪用するサイトが混在しています。


公開している運営情報が少ないサイトや、あり得ない高換金率を謳っている買取サイトには注意です。


振込までが遅い


買取サイトによって、振込までにかかる時間はそれぞれです。


最短10分で振り込まれるサイトもあれば、翌日以降になるサイトも存在します。


トップページに現在の振込までのスピードが書かれているサイトの場合は、そちらをチェックしてから申し込みしましょう。


iTunesカードの換金率をアップさせる3つの方法

ここまでのお話で買取サイトが最もiTunesカードの換金方法としておすすめであることはわかったはずです。


買取サイトで1円でも高く換金してもらうための、換金率UPの方法を紹介します。


まとめて申し込みする

買取サイトの中には、iTunesカードの申込金額によって換金率が高くなる形式を取っているサイトが多くあります。


申込金額が大きければ大きいほど換金率がアップされるので、もし複数のiTunesカードを持っている場合は一枚ずつバラバラに申し込むのでなく、まとめて申し込みましょう。


キャンペーンを狙う

買取サイトの中には、毎月換金率アップのキャンペーンを行っているサイトもあります。


キャンペーンの日程は、15日から月末にかけて開催されることが多いです。


キャンペーンのお知らせメールは、そのサイトを利用したことがある方に送られます。


キャンペーン内容や参加条件は買取サイトによって異なります。


キャンペーンを利用してお得に換金しましょう。


月初は避ける

iTunesカードの換金レートは、毎月1日から10日に低くなる傾向があります。


この期間に買取サイトでiTuensカードを申し込みすると少し損をしてしまう可能性があるということです。


急いでいる場合を除き、月初の申込は避けて、11日以降から月末あたりで申し込みすることをおすすめします。


他の電子マネー買取サイトとの比較

電子マネーの買取サイトは上の2つと比べて、換金率と安心度、サービスの充実度のバランスが良いのが特徴です。


更にiTunesギフトカードでナナギフトと他の電子マネー買取業者を比較した表を作成いたしました。



※決済時点で見えない手数料を取る会社もありますので、ご注意ください。

※サイトTOPでは買取率を高く表示している会社もあるのでご注意ください。

初回換金率(買取レート)、2回目以降の換金率(買取レート)、入金(振込)までの時間で比較をしています。


もちろん買取レートは日々変動するため、必ずナナギフトが高いというわけではありませんが、先ほど述べた3つの理由により他の買取業者より高いレートで買取を行っていることが多いです。

iTunesカード初回申し込みページ

比較まとめ

最後にまとめとして、各電子マネーの買取方法のメリットとデメリットをまとめてみました。


買取サイトのメリットとデメリット

メリット

・換金率が高い。

・24時間営業(買取サイトにもよる)

・換金までのスピードが最短10分程度と早い。

デメリット

・マッチングサイト等を用いた方が高く売れる場合がある。

・中には悪徳業者が潜んでいる可能性もある。

マッチングサイトのメリットとデメリット

メリット

・他の方法より高い換金率で現金化できる可能性がある。

デメリット

・マッチングサイトの使用料(仲介手数料)がかかる。

・買い手がつかなければ換金できない。

店舗型買取業者のメリットとデメリット

メリット

・その場で現金化してもらえる。

デメリット

・店に行く手間がかかる。

・買い取ってもらうための条件が多い。


iTunesギフトカードと他ギフトカードについて

ここまでiTunesギフトカードの買取について解説してきましたが、他のギフト券との比較も見ていきましょう。



換金するならiTunesカードとAmazonギフト券どちらがいい?

iTunesギフトカードと並んで認知度が高いギフト券にAmazonギフト券があります。


iTunesギフトカードと同様に現金化によく使用されます。


iTunesギフトカードとAmazonギフト券、どちらが電子マネーの現金化に有利なのでしょうか。


換金率

購入したギフト券を買取サイトに売って現金化したいという方の重要視する点は換金率だと思います。


iTunesカードとAmazonギフト券ではどちらが高価買取をされるのでしょうか?


Amazonギフト券の買取率の相場は、75%~90%の範囲です。


ただし、EメールタイプのAmazonギフト券である事が条件であり、それ以外のタイプですと買取率は大幅に下がってしまいます。


iTunesカードの買取率は近年上昇傾向にあり、80%~95%の範囲です。


ただし、買取サイトによって買取率は異なるので相場より高い換金率で買取してくれるサイトも存在します。


ナナギフトは業界でも高い水準の、最大95%の換金率を誇っています。


Amazonギフト券よりもiTunesカードを利用することが多いという方は、買取率をチェックしてみてください。


有効期限で比較

現金化したくても有効期限の切れたギフト券は買取ができません。


「放置していたら有効期限が切れていた!」ということにならないためにAmazonギフト券とiTunesカードの有効期限について把握しておきましょう。


Amazonギフト券の有効期限

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は、券種にかかわらず発行から10年です。


iTunesカードの有効期限

iTunesカードに有効期限は設けられていません。


有効期限を気にすることなく使用できる点はiTunesカードの利点といえます。


期限の定めがない分、期限に急かされずに使い道を考えることができます。


iTunesギフトカードはスマホでキャリア決済可能

Amazonギフト券は、携帯会社のキャリア決済ができません。


Amazonではクレジットカード決済はできますが、携帯決済には対応していないためです。


ただし、携帯決済でAmazonギフト券を購入したい場合は、プリペイドカードを利用すれば可能です。

※プリペイドカードとは、事前にチャージして使用するカードです。



各携帯会社から自社のプリペイドカードを発行しています。


使い方は、まず利用している携帯会社のプリペイドカードを作ります。


後払い決済でチャージ後、Amazonギフト券を購入すれば、実質携帯決済で購入したことになります。


《現金化したい人向け》iTunesギフトカードの購入方法

現金化することを目的にiTunesギフトカードを購入する場合は、クレジットカード決済か携帯会社のキャリア決済がを選ぶ必要があります。



携帯会社のキャリア決済で購入

iTunesカードは今利用している携帯会社のオンラインショップからキャリア決済で購入することができます。


キャリア決済は後払いで次月の携帯料金に上乗せで支払いという形になるので、今お金がないという方にもおすすめの換金方法です。


携帯会社のオンラインショップでは、初回割引や期間限定で増量キャンペーンを行われているのでキャンペーンの開催日程に購入するとお得です。

Appleのオンラインストア・直営店で購入

両者ともクレジットカードで購入可能です。


Appleのオンラインストアではメールタイプ、カードタイプ両方のタイプのiTunesカードを購入できます。


カードタイプの配送を選んでも、送料はかかりません。

コンビニや家電量販店で購入

家電量販店ではクレジットカードで購入可能です。


コンビニでは現金のみの支払いとなっています。

(セブンイレブンのみnanacoでの支払いが可能です。)


不定期で年に2~3回増量キャンペーンや還元キャンペーンを行っているので、お得に購入したい方はキャンペーンの日程を調べて購入するといいでしょう。

iTunesギフトカード購入前に知っておきたい注意点

現金化を目的としてiTunesカードを購入する場合、現金化に不利にならないために、事前に注意しておくべき点があります。


カードタイプとEメールタイプの2つが存在する

iTunesカードには、以下の2タイプの形態があります。

・カードタイプ

・Eメールタイプ(コードタイプ)


カードタイプはプラスチックのカードにコードが印刷されているタイプで、Eメールタイプは、購入画面で指定したEメールにコードが送られてくるタイプです。


Eメールタイプは、購入画面で贈りたい人のメールアドレスを入れればメッセージ付きのギフトとして贈ることも可能です。


どちらも1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の金額が固定されたカードと、1,500~50,000円の範囲で1円単位から金額を指定して購入できるバリアブルカードがあります。


購入する方法によってどちらのタイプが販売されているかが異なります。


店頭で購入する場合は、カードタイプ、Appleのオンラインストアか携帯会社のオンラインショップで購入する場合は、Eメールタイプを購入することができます。


ードタイプの配送を選んでも送料はかかりません。

買取可能なのはアカウント未登録のカードであること

アカウントに登録済みのiTunesカードは買取できません。


なぜなら一度アカウントに登録したiTunesカードは、登録したアカウント内でしか使えないからです。

iTunesカードとアップルストアギフトカードの違い


Apple Storeギフトカードは、Apple Store(Apple直営店)、Apple Online StoreでApple製品の購入に使えるギフト券です。


iTunesカードの正式名称は、「App Store & iTunesギフトカード」と言い名前が似ていて間違いやすいので注意してください。


iTunesカードは、音楽やアプリなどデジタルコンテンツを購入できるギフト券なのに対し、Apple StoreギフトカードはiPhoneやMacなどのApple製品を購入できるギフト券なので使い道が全く異なります。


購入する際は、どの用途で使うかによってどちらを買うかが変わってきますので気をつけて購入するようにしましょう。


アップルストアギフトカードの基本情報



アップルストアギフトカードにはiTunesカードと同様にカードタイプとEメールタイプの2種類があります。


直営店Apple Storeの店頭、Appleのオンラインストア、電話注文(0120-993-993)にて購入できます。


Apple Storeの店頭で購入する場合は、3,000円・5,000円・10,000円・バリアブルカード(2,500円~50万円の間で金額を指定)の4種類があり、支払い方法は現金決済となります。


AppleのオンラインストアでEメールタイプを購入する場合は、金額固定のものはなく2,500~50万円の間で自由に設定できるバリアブルカードを購入することができます。


払い方法ははクレジットカード払いとなります。


電話注文の場合には銀行振込やコンビニ払込も利用可能です。


アップルストアギフトカードについてもっと知りたい場合は、こちらの記事でさらに詳しく説明しています。




詐欺業者に注意!買取業者の選び方

iTunesカードの換金には買取サイトがおすすめですが、悪徳な買取業者もいるので注意して見極めましょう。


悪徳業者に引っかかってしまった場合

・買取金額が振り込まれない

・個人情報を盗られる

上記の2点のようなことが起こります。


相場に比べて高すぎる換金率の買取サイトには注意です。


ただし、初回のみ高価買取をしていたり、指定の額面のギフト券を買取率をアップしていたりする買取サイトもあるので上手く活用しましょう。


iTunesカード初回申し込みページ

iTunesのコラム