コラム

Column

コラム

コンビニのiTunesカードの種類と値段、可能な支払い方法は?
2021-10-21iTunes


iTunesカードは様々な場所で販売されていますが、AppleStoreや家電量販店、中でも一番目にする機会が多いのはコンビニなのではないでしょうか?


コンビニではiTunesカードやAmazonギフト券などの電子ギフト券が数多く販売されています。


今回は、コンビニで販売されているiTunesカードの種類や購入方法、iTunesカードのチャージの仕方もご紹介していきます。


iTunesカードを販売しているコンビニ


iTunesカードはどこのコンビニでも購入することができます。


セブンイレブンやローソン、ファミリーマートはもちろん、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、まいばすけっと、ポプラ、NewDaysなどが主に販売しているコンビニとなります。


コンビニで購入することができるiTunesカードの種類


コンビニで販売されているiTunesカードの種類は大きく分けて2つあります。


まずは、金額が固定されているiTunesカード。


もう1つは、1,500円から50,000円の中から自分で金額を自由に指定することができ1円単位で購入することが可能なバリアブルカードというiTunesカードになります。


値段の固定がされているiTunesカード


iTunesカードの右上部分に数字が表示されていて、カードの色によっても区別できます。


まず1,500円は青色のiTunesカード、3,000円はオレンジ色、5,000円は緑色、10,000円は紫色となっています。


また、販売場所によっては全てのiTunesカードが青色の場合もあります。


バリアブルカードタイプのiTunesカード


1,500円分と同じ青色のカードになりますが、右上部分の金額が表示されているところには1,500~50,000と書かれています。


バリアブルカードの場合は、1,500円~50,000円の中で自由に1円単位で購入することができるので、AppleIDに1,203円残高があり、5,000円までキリよくチャージをしたい場合には3,797円分をバリアブルカードで購入することができます。


購入方法も難しくはなく、コンビニのレジにバリアブルタイプのiTunesカードを持って行き、店員さんに購入したい金額を伝えることで、その値段分のiTunesカードを手に入れることができます。


iTunesカードの全ての種類はこちらの記事で紹介しています。

【2021年最新】iTunesカードの種類と値段まとめ!安く買う方法も紹介


iTunesカードでできること


iTunesカードは、様々なサービスを購入することができるカードとなっています。


iTunes Storeで聴きたい曲や映画の購入、レンタルをする時の支払いにiTunesカードが使用できます。


また、iPhoneやパソコンを持っている人であれば、Apple Musicなどの音楽配信サービスの支払いにも使え、電子書籍や有料Appの購入やゲーム内でのアイテム課金にも使うことができる便利なカードと言えます。


iPhoneからApp Store & iTunes ギフトカードをチャージする方法


まずは、iPhoneでApp Storeのアプリを起動し、画面右上のアカウントアイコンを選択します。


そして、アカウント画面からギフトカードまたはコードを使うを選択してください。


App Store & iTunes ギフトカードの裏側にある銀色部分のラベルを削り、コードを表示します。


App Store & iTunes ギフトカードの裏側にあるコードをiPhoneのカメラを使って読み取るか、コードを入力してください。


 コード入力後、コードを使うを押すことで、コードの引き換えに成功しましたと出てくるので、完了を押すことでチャージが完了されます。


iPhoneでアカウントのクレジット残高を確認する


Apple IDのクレジット残高は、App Storeなどからいつでも確認することができます。


iPhoneの設定からiTunes StoreとApp Storeを選択し、Apple IDを選択します。


Apple IDを表示を選択して、表示できるアカウント画面にてクレジットの残高を確認しましょう。


iTunesカードの有効期限について


様々なカードに存在している有効期限は、iTunesカードにはありませんので安心してご利用ください。


iTunesカードを景品などで貰いそのまま保管していた場合でも、期限が切れてしまって無駄なるというこはありません。


ただし、1つ注意すべき点があり、ギフトでiTunesのコンテンツコードをもらった場合です。


その場合は、有効期限があるものが多いので、気をつけましょう。


コンビニで可能なお支払い方法


コンビニでiTunesカードを購入する際の支払い方法は原則、現金のみとされています。


クレジットカードや電子マネーでは購入できないので注意しましょう。


現金以外でiTunesカードを購入する方法


Apple公式サイトではクレジットカード、コンビニ前払いや銀行振込が可能になります。


そして、EメールタイプのiTunesカードでは、1,000円から購入することができるようになります。


コンビニなどでは1,500円からのみ販売されているので、iTunesカードが1,000円分購入したい場合はAppleStoreオンラインもおすすめです。


また、大手3キャリアの公式オンラインストアでも元気に外で購入が可能になっています。


SoftBankの公式オンラインショップ、docomoの公式オンラインショップではiTunesカードが販売されており、auは、au Wowma!というサイトにてiTunesカードの購入が可能になります。


お支払い方法は各携帯会社のキャリア決済で行えるため、翌月にiTunesカード分の購入金額が携帯料金に加算され請求される仕組みになっています。



コンビニで購入できるiTunesカードの種類は大きく分けて2つになります。


バリアブルカードのように1円単位で自由に金額を決めることがでるカードはとても便利ですよね。


また、コンビニで購入する場合は、お支払いは現金だけとなってしまうので注意しましょう。


現金以外でiTunesカードが欲しい時には、Appleの公式ストアや各キャリアのオンラインショップにて、クレジットカードやキャリア決済を使い購入しましょう。


また、余っているiTunesカードがあるという方は買取サイトで買い取ってもらうことが可能になります。


iTunesカードの買取をご希望の方は、換金率最大95%と業界でもトップの換金率を誇るナナギフトのお得な初回申し込みをご利用ください。


iTunesカード初回申し込みページ