paypayの買取について

Product

paypayの買取について

【6月1日更新】現在のPayPayの買取状況



2024年6月1日時点の「PayPay」の買取レート


2024年6月度もナナギフトはPayPayの買取に力を入れております。


6月度も業界最高買取額を目指し、高い買取額にて買取受付を行っておりますので、ぜひ現在の買取レートを下記から確認くださいませ。




PayPay残高にはいくつか種類があり、口座から出金するという形で現金に戻すことができるのは「PayPayマネー」だけです。


公式の手順を踏んで手続きすることで金融機関の口座から出金することが可能です。


口座から出金できるのはPayPayマネーだけですが、それ以外のPayPay残高を現金化したいという場合は別の方法があるので順に解説していきます。


ではまずはPayPayマネーの現金化(出金)方法について紹介します。


PayPayマネーの現金化(出金)方法


PayPayマネーについては、PayPayアプリから手続きすることで、登録した口座から現金を出金することができます。


以下の手順で手続きします。


  1. ①PayPayアプリを開く
  2. ②画面下部の「ウォレット」もしくは「残高」をタップする
  3. ③「出金」をタップする
  4. ④出金先の銀行口座を指定する
  5. ⑤出金希望額を入力し、「出金する」をタップする


なお、PayPayマネーを出金するためには事前にPayPayアプリから本人確認を完了させておく必要があります。


本人確認は画面下部の「アカウント」から「詳細」を選択し、「本人確認・口座認証」から手続きできます。


マイナンバーカードもしくは運転免許証(運転経歴証明書)が求められるため、用意しておきましょう。


PayPayマネーの現金化(出金)にかかる所要時間・手数料


PayPayマネーを出金する際にかかる時間と手数料について説明します。


所要時間は出金する口座によって変わる


PayPay銀行の口座に出金する場合は、前項の手順で手続きすれば、基本的に即時手続きが完了します。


PayPay銀行以外の銀行に出金する場合は最短で翌営業日、ゆうちょ銀行の口座から出金する場合は最短でも3営業日ほどの時間がかかります。


PayPay銀行以外は手数料がかかる


PayPay銀行への出金は手数料が無料ですが、その他の金融機関への出金は100円の手数料がかかります。


出金の最低金額は100円から


口座への出金は最低100円からです。


そのため、手数料がかかる場合は最低でも200円の残高がないと実行できません。


2019年9月29日以前のチャージ分は出金不可


現在では出金が可能となっているPayPayマネーですが、2019年9月29日以前は出金不可でした。


そのため、出金ができるのは2019年9月30日以降にチャージされたものに限られます。


2019年9月29日以前にチャージされた残高はPayPayマネーライト扱いになるため、出金することはできません。


PayPayあと払いの利用枠を現金化する方法


本来PayPayマネー以外は出金できませんが、以下の手順で「PayPayあと払い」を現金化することができます。


  1. ①PayPayあと払いに登録
  2. ②PayPayバーチャルカードを発行
  3. ③PayPayバーチャルカードで購入した商品を業者に買い取ってもらう


PayPayあと払いの登録とPayPayバーチャルカードの発行は無料です。


この方法を使えば、現時点でPayPayの残高が0円でも、あと払いの審査に通過すれば、利用枠を現金化することができます。


それでは、手順に沿って解説していきます。


手順①PayPayあと払いに登録


まずは現金化に必要なPayPayバーチャルカードを発行するため、PayPayアプリからPayPayあと払いに登録します。


PayPayあと払いは年会費永年無料、登録料無料、支払い遅延やリボ払いを利用しない限り手数料は発生しません。


登録方法はPayPayアプリから「あと払い」を選択し、必要事項の入力をします。


申し込み後の審査は最短2分で完了します。


PayPayあと払いの概要

上限額:最大50万円/日

支払い方法:口座引落、リボ払い

支払い期日:翌月27日


②PayPayバーチャルカードを発行


PayPayあと払いに登録すると、PayPayバーチャルカードが自動発行されます。


PayPayあと払い決済を利用できるのはPayPay加盟店だけですが、PayPayバーチャルカードはオンラインのクレジット加盟店でも利用できます。


なお、PayPayバーチャルカードの支払い方法は口座引落となり、PayPayあと払い登録時に入力した口座から翌月27日に引き落とされます。


③PayPayバーチャルカードで購入した商品を業者に買い取ってもらう


PayPayバーチャルカードを使って、換金率の高い商品を購入し、業者に買い取ってもらうことで現金に変えることが可能です。


購入する商品は市場で人気のある換金性の高いものを狙って売却することで少しでも損失を少なく現金化することができます。


換金性の高い商品の例としては、時計やバッグ、ブランド品、ゲーム機などが挙げられます。


ただし換金性の高い商品のうちAmazonギフト券やiTunesカードなどの電子ギフト券はPayPayで購入することができません。


PayPayマネーライトやボーナス運用ポイントを現金化する方法


先ほど、PayPayマネー以外は出金できないとお伝えしました。


しかし、銀行へ出金できないPayPayマネーライトなどの残高も、PayPayあと払いの現金化方法と同じようにすれば現金化が可能になります。


PayPayを使って換金性の高い商品を購入し、それを買取専門店やリサイクルショップなどで売却することで現金に換えられます。


こちらはPayPayマネーライトを始めすべてのPayPa残高で使えるやり方のため、ボーナス運用ポイントなども現金化が可能です。


PayPayで受け取ったマイナポイントを現金化する方法


PayPayで受け取ったマイナポイントを現金化することは可能です。


ただし、マイナポイントは出金不可のPayPayポイントとして付与されるため、公式の方法で出金することはできません。


そのため、手間はかかりますが、先述しました方法で、換金性の高い商品を購入し、買取専門店やリサイクルショップなどで売却して現金に換えることになります。


PayPayでAmazonギフト券などの金券の購入は不可


PayPayで換金性の高い商品を購入して売却しようと思った場合、Amazonギフト券などの金券が思いつくでしょう。


しかし、PayPayではAmazonギフト券などの金券は購入できなくなっています。


決済方法にPayPayが選べるヤフオク!でも、金券類の購入時に使える決済方法は現金のみとなっています。


PayPayを現金化したいけれど、わざわざ換金性の高い商品をリサーチして売却するのは面倒・・・という方は、次に紹介する方法をおすすめします。


PayPayを効率良く現金化するならギフト券買取サイトで売却


前項の方法で、PayPay残高やPayPayあと払いの利用枠を現金化することが可能ですが、時間や手間がかかることは承知しておかなければいけません。


商品を購入し、買い取ってもらい、現金を手にするまでには時間も手間もかかります。


現金化が不可能なわけではないものの、効率が悪くなることには理解が必要です。


そこで、商品を購入する手間などを省いて現金化する方法があります。


それは、買取サイトでPayPay残高を買い取ってもらう方法です。


しかし、PayPay残高の買取を行っている買取サイトは非常に少ない状況です。


ナナギフトでは、PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayギフトカードの買取を行なっている数少ない業者です。


PayPayを現金化したいと考えている方は、ぜひナナギフトまで申し込みください。


PayPayを業界トップレベルの高換金率で買取しているナナギフトの基本情報


項目内容
換金率最大95%
振込みまでの時間最短10分
対応銀行日本のすべての銀行
振込手数料
10,000円以上は無料

9,999円以下は220円
営業時間24時間営業
営業日年中無休
買取ギフト券種
Amazon(アマゾン)ギフト券

iTunes(アイチューンズ) 

Google Play(グーグルプレイ) 

WebMoney(ウェブマネー) 

Bitcash(ビットキャッシュ)

Nintendo(ニンテンドー)プリペイド

プレイステーションストアカード

nanacoギフト

Mobage(モバコイン)

LINEプリペイド

楽天ポイントギフトカード

Apple store(アップルストア)ギフトカード

U-NEXT(ユーネクスト)ギフトコード

JCBプレモカード

ANA株主優待

JAL株主優待

DMMプリペイドカード

DMMポイントコード

PayPay

QUO(クオ)カードPay


ナナギフトがPayPayの換金率最大95%を実現できている理由


電子マネーの買取サイトでは、iTunesカードと並びamazonギフト券が電子マネーの買取市場の主流となっていますが、


ナナギフトではPayPayの買取レート(換金率)にも力を入れており、最大95%の買取率を実現しています。


2回目以降のレートも最大92%と他社より高いレートを設定させて頂いているのも強みです。


本ページではナナギフトがPayPayに強い理由やその背景、PayPayに関してのお役立ち情報をお伝えいたします。


理由①電子マネー買取16年の実績で販売ルートが豊富


ナナギフト自体は2021年度から運営を開始しているサイトですが、会社のメンバーは16年の実績を持つ電子マネーのプロフェッショナルです。


電子マネーのプロフェッショナルだからこそ、レートが上がるタイミングや、長年の取引により販売ルートが安定しています。


そのためお客様から買い取った電子マネーを確実に販売できるようになっているため、高い買取レートを実現することが出来ています。


理由②空売りや不正品を事前に防ぐことでお客様に最大限還元できる


こちらも理由①と少し重複しますが、電子マネーの買取依頼の中には、空売りをする方が未だに存在します。


※空売りとは、使用済みの電子マネーで買取を行う行為のこと


他の買取業者は空売りでの被害額を考慮し、買取レートを下げて運営を行っているのが現状です。


しかし、ナナギフトでは独自のノウハウにより、空売りを事前に防ぐことができるため、被害額を考慮する必要がありません。


そのため初回と2回目以降ともに、他社より高い買取レートを実現しています。



ナナギフトは、初回買取を目的にしておらず、継続的に安心して満足頂けることを目的に運営しています。


そのため、2回目以降のレートも他業者より高い買取レートを設定しております。


ナナギフトが振込み最短10分24時間買取申込を実現できている理由


買取レートの次に買取サイトを選ぶ際に、重要視されるのは換金までのスピードと対応時間だと思います。


ナナギフトでは最短10分でスピード振込が可能です。


また24時間の買取申込を実現しており振込みについても、モアタイムシステム(銀行間での平日夜間・土日祝日における即時入金時間を拡大するもの)に加入されてる銀行であれば原則24時間お手続きが可能です。


理由①振込み専門部署を用意している


ナナギフトではお客様に迅速な振込みを実現できるよう、振込み専門部署を用意しております。


振込み専門部署はお客様からの買取依頼が入ってきてから、振込みのみを担当する部署となっているため、最短10分というスピーディーな振込み速度が実現できています。


理由②従業員のシフト制を導入しており24時間対応を実現している


電子マネーの買取依頼をされる方の多くは当然ながら、日中はお仕事をされているかと思います。


そのため、深夜や朝方等に依頼をされたいという方も多く、そのようなニーズに対応するため、従業員には日勤と夜勤の2シフトを導入し、24時間対応を実現しております。


PayPayを現金化する4つの方法


Amazonギフト券やiTunesカードなどの主要なギフト券は、以下の方法で現金化が可能ですが、PayPayに関しては現金化できる方法が今のところ1つしかありません。


  1. 1.買取サイトで買い取ってもらう
  2. 2.金券ショップで買い取ってもらう
  3. 3.オークションで売却する
  4. 4.フリマサイトで売却する


現在、PayPayを現金化できる唯一の方法は、買取サイトで買い取ってもらうことです。


しかし、PayPayの買取を行なっている業者は少なく見つけるのが困難です。


ナナギフトではPayPayの取扱を開始しましたので、ぜひご利用ください。


他サービスの買取レートやサービスを比較(PayPay編)


次にナナギフトと他サービスを使ったPayPayの買取率の比較を行っていきます。


電子マネー買取のマッチングサイトと比較


インターネット上でできる買取方法として、買取サイトの他にユーザー間で売買をするマッチングサイトを利用するという手があります。


マッチングサイトとは、会社を通さず個人間での売買を仲介するプラットフォームを提供しているサイトです。


マッチングサイトと買取サイトではどちらが高い換金率で買取をしてもらえるでしょうか?


売買サイトは、落札金額を出品側が決められるので、買取サイトより高い換金率で買い取ってもらえる可能性があります。


しかし、手数料がかかるのと買い手がつかない場合は換金ができません。


換金までの流れは買い手が落札金額を振込後、手続きを踏んで換金になるので現金化までに時間がかかります。


使い方によっては高い換金率を実現できますが、サイトによって販売手数料や出金手数料が異なるので出品する前に事前に確認しておきましょう。


※出金手数料は固定となっており、大体どのサイトも数百円かかります。販売額が少ない場合は手数料で利益が更に少なくなりますので注意してください。


また、ユーザー間で取引をするためトラブルに巻き込まれることや想定より現金化に時間がかかることもあります。


電子マネーは残念ながら空売り等を行う人が一定いるため、ヤフオク等のサービスより、ユーザー間のトラブルは多いです。


運営もユーザー間でのトラブルについては、基本サポートを行ってくれない点に注意してください。


店舗型買取の比較


電子ギフト券の換金方法として店舗型の電子マネー買取業者に買い取ってもらうという方法があります。


しかし、PayPayの買取を受け付けている店舗はほとんどありません。


それに店舗までわざわざ出向くという手間や時間もかかりますので、店舗型買取業者での買取はあまりおすすめではありません。


オークションサイトとの比較


ヤフオクやモバオクといった有名オークションサイトで、PayPayを出品して売ろうと考えた方もいるでしょう。


オークションサイトでは出品額を自分で決めることができるため高換金率を狙うことができると考える方がいらっしゃると思います。


しかし、オークションサイトでは落札されないと現金を手にすることはできないため換金までのスピードに不安があります。


オークションサイトよりもっと格安でPayPayを販売しているサイトがあるので、買う人は少ないと言えます。


また、オークションサイトは個人間の売買であるためトラブルが起こりうる可能性もあることを考慮すると、あまりおすすめできる換金方法ではありません。


PayPayの換金は買取サイトがおすすめ


買取サイトという換金方法は、PayPayの換金をするのが初めてな方はなかなか思いつかない方法かもしれません。


買取サイトを利用して換金をすることで最高な条件でPayPayを換金することができます。



買取サイトを利用するメリットは、なんといっても換金率が高いことです。


他の換金方法の換金相場が65%~80%のところ、買取サイトであれば80%~90%の換金率で買い取ってもらうことが可能です。


さらに、買取サイトの中でも高い換金率で買い取ってもらえるサイトであれば90%以上も可能となっています。



買取サイトの利用方法は、各買取サイトに設けてある申し込みフォームに必要事項を入力して申し込みをするだけです。


つまり、携帯かパソコンがあればどこからでも換金ができます。


ネット取引で完結するので、PayPayを換金するためにわざわざ出向く必要はありません。


24時間いつでも申し込みができる


買取サイトの9割が24時間営業をしています。


お申込みからお振込み、お問い合わせ対応の全ての業務を24時間受け付けています。


昼間はもちろん夜間や早朝などの自分の都合の良い時に申し込める便利なサービスとなっています。


買取サイトのデメリットは回避できる


ここまで、買取サイトのメリットについてお話させていただきました。


当たり前ですが、買取サイトにもデメリットは存在します。


・詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性がある

・振込まで遅い可能性がある


しかし、これらのデメリットもなくすことができます。


詐欺やトラブルに巻き込まれる可能性がある


買取サイトの中には、ギフト券のカード情報だけ盗んで振込を行わなかったり、個人情報を悪用するサイトが混在しています。


公開している運営情報が少ないサイトや、あり得ない高換金率を謳っている買取サイトには注意です。



買取サイトによって、振込までにかかる時間はそれぞれです。


最短10分で振り込まれるサイトもあれば、翌日以降になるサイトも存在します。


トップページに現在の振込までのスピードが書かれているサイトの場合は、そちらをチェックしてから申し込みしましょう。


PayPay買取はどういう時に利用する?


PayPayの買取サービスはどのような時に使ってる人が多いのかといいますと、利用者の目的は主に次の2つです。


使う予定のないPayPayを売りたい


プレゼントで人からもらったり、自分用に購入したのはいいものの、買い物の予定がなく使い道に困ってしまうこともあるでしょう。


必要ない商品券なら売ってしまいたいですよね。


そんなときに、PayPayを買い取ってくれるのが、買取サイトです。


売却すれば現金を手にすることができ、他の用途に有効活用することができます。



PayPayにクレジットカードでチャージし、買取サイトで買い取ってもらうことで、現金を調達することができます。


申し込みをしたその日に、現金が入金されるので、急な出費にも対応できる便利なサービスです。


先ほどの”使用する予定のないPayPayがあるので売りたい”という需要よりも”クレジットカード現金化”を目的に買取サイトを利用する方の方が多く存在します。


クレジットカード現金化をするなら、クレジットカード現金化サイトでショッピング枠を現金化する方法もありますが、ギフト券買取サイトでPayPayを買い取ってもらう方が換金率が高く、クレジットカード番号を伝える必要がないためです。


今までは、クレジットカードを現金化しようと思ったら、クレジットカード現金化専門業者に依頼するのが主流でしたが、詐欺も多く、法律的にグレーゾーンのため、ギフト券買取サイトを利用して業者に依頼するのではなく自分で現金化する方が需要が高くなっています。


現金化にPayPay買取サイトがおすすめの理由


これまで、クレジットカード現金化サイトを通して現金化を行ってきた人たちも、現在ではギフト券を使った現金化の方法にシフトチェンジしています。


なぜ現金化にPayPayがおすすめなのか、その理由は3つあります。


  1. ・誰にもバレずに取引可能
  2. ・現金化までのスピードが早い
  3. ・PayPayの買取に違法性はない


誰にもバレずに取引可能


PayPay買取は、誰にもばれずに安全に取引できるのも魅力の一つです。


PayPay買取は、ネット回線を通して、利用者と買取サイト間のみで行われますので、トラブルが少なく安全性が高いですし、第三者に取引が知られることもありません。


反対に、クレジットカード現金化業者でのトラブルは年々増加しています。


よくあるトラブルとしては、


・事前に伝えられていた買取率より低い金額が振り込まれた

・クレジットカードの情報が悪用された

・闇金などから迷惑メールが届くようになった


このようなトラブルが起こる可能性があります。


なぜなら、クレジットカード現金化業者は法律上グレーゾーンだということもあり、中には悪質な業者が多く存在しているのです。


一方で、PayPayの買取サイトを利用する際は、買取サイトに対してクレジットカード情報を伝える必要がないので、クレジットカード関連のトラブルに巻き込まれる可能性はありません。


現金化までのスピードが早い


PayPay買取にかかる時間は、申し込みから振込完了まで最短10分です。


24時間営業の買取サイトを利用すれば、いつでも好きな時間に買取をしてもらうことができ、急な出費にも困りません。


PayPayの買取に違法性はない


PayPayの買取に、違法性はありませんので安心して利用することができます。


しかし、クレジットカード会社では、現金化目的のカード利用を禁止していますが、法に触れる行為ではありません。


一方、クレジットカード現金化業者は営業形態によっては、違法と判断されることがあります。


以上の理由から、クレジットカード現金化業者を使わずにギフト券買取サイトを利用する人が多くなっています。


PayPay買取サービスの利用方法・流れ


PayPay買取サイトを利用するにはどのようにすればよいのでしょうか。


手順は初めての方でも簡単です。


具体的なやり方、現金を手にするまでの流れについて説明しますので参考にしてください。


①現金化したいPayPayを用意する


手元に不要なPayPayがある場合はそちらを使用します。


②買取サイトに申し込む


PayPay買取、最大換金率92%のナナギフトを例に説明します。


初回申し込みページを開き、申込フォームに氏名など本人様の情報、買取希望のギフト券情報を入力し送信します。


③本人確認のため身分証明書を提出


初回の申込時には、必ず本人確認が必要です。


買取には古物営業法にて確認が義務付けられています。


稀に本人確認をしないサイトがありますが、悪質業者の可能性が高いため利用はおすすめしません。


不正利用を防ぐという目的でも必ず本人確認がありますので、「運転免許証」「保険証」などの顔写真付身分証明書が必要となります。


④指定口座に振り込まれる


手続きが完了したら、完了通知メールが届き、申し込みの際に入力した指定口座に買取額が振り込まれます。


振込までにかかる時間は変動しますので、現在の時間が知りたい場合はトップページで確認いただけます。


ナナギフトでは、最短10分で振込が完了します。


PayPayの買取サイトで買取率をアップさせるコツ


現金化するなら、当たり前ですがなるべく高い換金率で買い取ってもらいたいですよね。


以下で、ギフト券の買取率をアップする方法について紹介します。


複数の買取サイトを比較する


買取サイトによって、ギフト券の換金率は異なります。


そのため、申し込みをする前に複数のサイトの換金率を確認するのがおすすめです。


サイトTOPでは高額買取を謳っていても、実際の買取額とは異なる場合があるので注意してください。


すぐに現金化したい場合以外は月初は避ける


ナナギフトを含め全てのギフト券買取サイトは、毎月1日〜5日の間PayPayの買取レートが大幅に下がる傾向があります。


その理由は、携帯料金の締日が月末にあり、その決済枠が月初に回復するためです。


携帯決済でギフト券を購入し現金化している方からの申し込みが集中するため、ギフト券の供給量が多くなり買取レートが下がってしまいます。


急ぐ場合を除いて、毎月月初の利用は避けて中旬〜月末にかけて申し込みをしたほうが高い換金率で現金化することができます。


まとめて申し込みする


PayPayの買取率は申し込み金額によっても変動します。


特に1万円以上かどうかでは10%も買取率が変わる買取サイトもあります。


複数のギフト券をお持ちの場合は、まとめて売った方が高い買取率で換金することができるのでおすすめです。


買取アップキャンペーンを利用


ギフト券買取サイトの中には、不定期でキャンペーンを行っているサイトがあります。


キャンペーンの通知は、そのサイトを一度でも利用した方にメールでお知らせが送られることが多いです。


キャンペーン内容や参加条件は買取サイトによって異なります。


キャンペーンを利用してお得に換金しましょう。


PayPayの買取レートは時期によって違う?


PayPayの買取レートは、1日ごとに変動します。


買取サイトでは、トップページに1日ごとにその日の買取率を公表しています。


買取率は月初は低く、中旬から月末にかけて高くなる傾向があります。


PayPayの種類と決済方法


これから買取サイトを利用しようと思っている方は、既にPayPayを持っている方がほとんどかと思います。


または、クレジットカードのショッピング枠やキャリア決済を現金化しようと考えている方は、これからPayPayを購入する方もいるでしょう。


ここで買取サイトを利用して現金化が可能なPayPayの種類について簡単にご説明します。


PayPay残高の内チャージして使用するものには、PayPayマネーとPayPayマネーライトがあります。


PayPayマネーは個人間送金と出金が可能で、PayPayマネーライトは個人間送金はできますが出金はできません。


PayPayマネーとPayPayマネーライトのチャージする際に可能な決済方法は以下となっています。


【PayPayマネーのチャージ方法】


・銀行口座

・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

・現金(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの利用)


【PayPayマネーライトのチャージ方法】


・銀行口座

・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

・現金(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの利用)

・PayPayあと払い

・PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)

・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い


PayPayの使い方


PayPayを利用するためには、アプリをダウンロードする必要があります。


ダウンロードしたアプリを起動して、まずはアカウントを登録しましょう。


支払い方法を設定したら、利用が可能になります。


PayPay現金化に関する注意点


PayPayの買取は、あなたとギフト券買取サイト間で行われる取引ですので、自ら注意を払っておくことが重要です。


サイトを利用する前に、注意しておきたい点を7つ紹介します。


PayPayバーチャルカードの上限額は人によって違う


PayPayバーチャルカードの上限額は最大で100万円程度ですが、発行した直後は上限額が数万円程度の可能性があります。



PayPayバーチャルカードは、翌月27日に後払いできる便利なサービスですが、支払いが遅れると年率14.6%の遅延損害金が発生します。


せっかく現金化してお金を手にしても、遅延損害金を支払うことになると損してしまいますので計画的に利用しましょう。



PayPayあと払いの年会費・登録料は無料ですが、支払い方法にリボ払いを選択すると実質年率18.0%の手数料が発生します。


高い手数料が取られてしまうので、できるだけ翌月27日の期限までに支払える金額を利用するようにしましょう。


身分証が必要


PayPay買取を利用する際は、必ず身分証の提示が必要です。


理由としましては、犯罪での利用を防止する目的と、古物営業法で定められているためです。


安全に利用するためにも身分証の提出は必須となっています。


2回目以降の買取率は初回よりも下がる


ほとんどのギフト券買取サイトは、顧客獲得のために初めて利用する方の買取率を高めに設定しています。


そのため、2回目以降の買取率は若干低くなります。


※ナナギフトでは継続的に利用していただくことを目的に運営しているので2回目以降も高い買取率を設定しています。



PayPay買取自体を取り締まる法律はないとお伝えしましたが、クレジットカード会社では、現金化目的のカード利用を禁止しています。


発覚するリスクは低いですが、利用規約違反であることは覚えておきましょう。


詐欺サイトに注意


ギフト券買取サイトの中には、個人情報を盗む目的で作られたサイトも紛れ込んでいます。


利用前に、口コミや比較サイトなどをチェックし安全性を確認してから利用すると安心です。


未成年でも買い取ってもらえる?


原則、未成年者はPayPay買取サイトを利用できません。


未成年者が買取サイトを利用できない理由は、古物営業法と青少年保護育成条例によって定められているからです。


また、買取申込時には、下記の2点が必要になります。


・顔写真付き身分証明書

・本人名義の金融口座


 利用時は、親の同意書、または代理での手続きなど、条件付きでの申込みが必要です。


未成年の方で、ギフト券の買取希望の場合は親や知り合いの大人に代理で買取サイトに申込してもらうとスムーズです。


信頼できるPayPay買取サイトの見分け方


PayPayを使って現金化をする際、信頼できるPayPay買取サイトを選ぶことが重要です。


信頼できる買取サイトの判断基準に多くの買取サイト利用者は、以下の3つをあげています。


  1. ・安心感
  2. ・買取率
  3. ・振込までのスピード

上記3つのポイントを、どのように優良店と見分けるのか詳しく説明します。


安心感


ギフト券買取サイトの利用は、ネット取引のためお互いの顔が見えません。


そのため安心して利用できるかが重要なポイントになってきます。


安心できるサイトであると判断できる項目は以下の6つです。


  1. □会社情報に住所が明記されている
  2. □電話番号が固定電話である
  3. □古物商許可番号を取得している
  4. □振込前に買取金額を教えてくれる
  5. □メールアドレスを明記している
  6. □本人確認を行っている


PayPayの買取詐欺に遭わないためにも、上記6つの項目は利用前に確認しておきましょう。


買取率


優良店を判断する基準として、買取率をチェックすることも重要です。


PayPayの優良店で、不明瞭な手数料で振込金額から減額されることはあり得ません。


また、買取率が高すぎる業者には気をつけてください。


相場より明らかに高すぎる買取率を謳っている場合、基本的な知識がない人を騙そうとしている悪徳業者の可能性があります。


下記項目を満たしているか確認してみましょう。


  1. □不明瞭な手数料が引かれない
  2. □振込手数料が無料


振込までのスピード


最後に確認したいポイントは、買取金額が振り込まれるまでのスピードです。


ギフト券買取サイトには、「最短5分」などと表記されていますが、こちらはあくまで「最短」の振込目安です。


平均的な振込時間は45分~90分と言われています。


また、初めて利用する買取サイトでは、本人確認作業が必要になります。


振り込みまでの時間を早くするために本人確認を行っていない業者もあるようですが、そういった業者を利用することはトラブルのもとになるので避けた方が賢明です。


本人確認をちゃんとしても、90分以内に振り込まれる業者はたくさんあります。


振込時間や営業時間が下記の条件を満たしているかも確認しておきましょう。


  1. □振込まで90分前後
  2. □24時間365日営業 
  3. □土日祝も振込対応


PayPay買取サイトを利用する際によくある質問


買取サイトでPayPayを売却するにあたって、よく寄せられる質問をまとめました。


買取可能なPayPayの種類は?


PayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayギフトカードが買取可能です。


PayPay買取時に振込手数料は発生しますか?


振込手数料の有無は、買取サイトによって異なります。


ナナギフトでは振込手数料が無料です。


※買取ギフト券の額面が1万円未満の場合は、振込手数料220円頂戴いたします。


当日の買取率が反映された買取額がそのまま入金されるので、安心して利用できます。


PayPayの買取申し込み時に身分証の提出は必須ですか?


必須です。


ギフトカードの不正利用防止のため、身分証の提出後、必ず本人確認があります。


身分証の提出を求めない買取サイトもあるようですが、以上の目的から必須項目ですので、身分証不要を謳う買取サイトは悪徳業者である可能性が高いでしょう。


PayPayの買取代金は、どのようにして受け取れますか?


申し込み時に入力した指定口座へ買取額が振り込まれます。


土日祝でも即日入金可能ですか?


多くのサイトが、土日祝でも即日の入金に対応しています。


ただ、24時間営業していない買取サイトの場合、営業時間内に手続きを済ませる必要があります。


買取サイトにより、営業時間や休日は異なるので確認しておきましょう。


PayPayの買取は、深夜でも対応可能ですか?


買取サイトにより、深夜対応の可否は異なります。


年中無休・24時間営業している買取サイトもあります。


買取サイトによっては、深夜は申し込みのみで手続き・振込は翌日といったケースもあるので注意してください。


PayPay買取サイト利用時、個人情報漏洩のリスクはありませんか?


身分証や本人確認書類等の個人情報は、専門スタッフが厳重に管理します。


意図的な情報漏洩もないので、安心して利用できます。



法人の申し込みも受け付けています。


スマホからPayPayの買取申し込みは可能ですか?


可能です。


PayPay買取に金額制限はありますか?


基本的に上限額はありませんが、サイトによっては下限額を設けている場合があります。


PayPay以外のギフト券は買取していますか?


買取サイトによって、取扱ギフト券種は異なりますが、ほとんどのサイトがAmazonギフト券、iTunesカードの買取を行っています。


他にも、LINEプリペイドやnanacoギフト、楽天ポイントギフトなどの買取を行っているサイトもあります。


PayPayには有効期限がありますか?


PayPayマネー、PayPayマネーライトには有効期限がありません。


PayPay初回申し込みページ