コラム

Column

コラム

iTunesカードを後払いで購入できる5つの方法!現金化も可能
2021-10-18iTunes


iTunesカードを購入したいけど、手持ちのお金が足りないので後払いで買いたい!


そんなときに役立つのが、iTunesカードを後払いできる方法です。


この記事では、iTunesカードを後払いで購入できる5つの方法を詳しく紹介します。


クレジットカードを持っていない方にも有益な情報ですので、よかったら参考にしてみてください。



iTunesカードを後払いで購入可能な方法は以下の5つがあります。

  1. 携帯キャリア決済
  2. バンドルカード
  3. 携帯キャリアのプリペイドカード
  4. クレジットカード
  5. メルペイバーチャルカード


「今お金がないけれどiTunesカードを使いたい」


「現金化するためにiTunesカードを手に入れたい」


このような時には、後払いが便利です。


それぞれ詳しく紹介していきます。


携帯キャリア決済


au・docomo・SoftBankの大手携帯会社3社ではキャリア決済を使うことが可能です。


上記3社のオンラインショップで購入することができます。


携帯キャリア決済を利用すれば、翌月の携帯電話の料金と合算して支払いになります。


【各キャリアの利用料金の締日】

ドコモ:月末締め翌月請求

au:月末締め翌月請求

softbank:「10日」「20日」「末日」のいずれかが締め日、翌月請求


キャリア決済設定方法(iPhone)


キャリア決済を利用するには事前にスマホから設定をする必要があります。


以下の手順で設定しておきましょう。


①ホーム画面から「設定」を開く

②自分のアカウントをタップ

③「支払いと連絡先」を選択

④「お支払い方法を追加」をタップ

⑤「キャリア決済」を選択して「完了」をタップ



①Google Playストアアプリを開く

②メニューアイコンをタップしてメニューを開く

③「お支払い方法」をタップ

④「(キャリア決済名)の決済を利用」をタップ

⑤「有効」をタップ


キャリア決済でお支払いできる限度額


キャリア決済には、キャリア決済を使ってお支払いできる限度額が月単位で決められています。


限度額は携帯の契約者の年齢や契約年数などから、人によって異なる限度額が設定されています。


さらに、限度額にはキャリア毎で年齢別の最大限度額というものがあります。


下記がキャリアごとに定めている年齢別の最大限度額になります。


ドコモのキャリア決済最大限度額

20歳未満……最大10,000円/月

20歳以上……最大100,000円/月


auのキャリア決済最大限度額

13歳未満……最大1,500円/月

18歳未満……最大10,000円/月

20歳未満……最大20,000円/月

20歳以上……最大100,000円/月


ソフトバンクのキャリア決済最大限度額

12歳未満……最大2,000円/月

20歳未満……最大20,000円/月

20歳以上……最大100,000円/月



バンドルカードは、後払いができるプリペイドカードアプリです。


電話番号とメールがあれば審査不要で誰でも作成可能です。


バンドルカードのチャージ方法の1つ、ポチっとチャージなら、チャージするお金を後払いにして使うことができます。


ポチッとチャージは3000円~50,000円までの範囲で、1,000円単位で好きな金額を後払いでチャージできます。


初めて利用する際にチャージできる金額は3,000~5,000円になる場合が多いです。


チャージしたお金を毎月延滞せずに払うことを繰り返していれば、利用限度額が月々増える仕組みとなっています。


ンドルカードを使ってiTunesカードを購入する場合は、購入手続きのクレジットカード情報を入力する欄にバンドルカードのカード情報を入力します。


カードの名義は[姓:VANDLE][名:USER]と入力してください。


ポチッとチャージの支払期限はチャージをした翌月の末までとなっています。


支払い方法は以下の4つです。

  1. ・コンビニ払い
  2. ・セブン銀行ATM払い
  3. ・ネット銀行払い
  4. ・銀行ATM(ペイジー)払い

支払期限までに支払完了の確認が出来ない場合は、利用額の減額や利用停止の措置が取られる可能性があるので忘れず期日までに支払うようにしましょう。


ポチッとチャージの手数料


ポチッとチャージは、チャージを1回する毎に手数料が発生します。

チャージ金額手数料
3,000円~10,000円510円
11,000円~20,000円815円
21,000円~30,000円1,170円
31,000円~40,000円1,525円
41,000円~50,000円1,830円




各携帯会社ではプリペイドカードが発行されています。

  1. ・docomo:dカードプリペイド
  2. ・au:au PAY プリペイドカード
  3. ・softbank:ソフトバンクカード

携帯会社のプリペイドカードは、クレジットカード扱いで決済が可能です。


プリペイドカードでiTunesカードを購入するには、プリペイドカードにキャリア決済でチャージして、iTunesカードを購入するという流れになります。



dカードプリペイドへのチャージする方法は、専用Webサイトでチャージするか、セブン銀行ATM・ローソン店頭での現金チャージのどちらかの方法で行います。


キャリア決済でチャージする場合は、専用Webサイトでのチャージ画面にて「電話料金合算払い」という項目を選択してください。


ただし、キャリア決済でdカードプリペイドへのチャージするには以下の条件が決められているので確認してみてください。

  1. ・携帯料金の支払いがdカード、又は口座振替になっている
  2. ・マイページにログインされているアカウントに紐づく電話番号のSIMカードが挿入されたスマートフォン・タブレット端末を使用している
  3. ・SPモードの契約があること


au PAY プリペイドカードは「auかんたん決済」でチャージします。


au PAYアプリのチャージ画面でauかんたん決済を選択できるので、そこからチャージする金額を指定してチャージできます。


ソフトバンクカードのチャージ方法


ソフトバンクカードは基本的には事前にチャージして利用するため手元に現金が必要ですが、アプリからならキャリア決済として後払いでチャージできます。


ソフトバンクカードのアプリをインストールしたうえで、チャージボタンをタップし、「ケータイ料金と合算」を選択することでキャリア決済が可能です。



iTunesカードを後払いで購入する方法の中でも、最も一般的に知られているのがクレジットカード決済でしょう。


【クレジットカード決済で購入可能のサイト】

・Appleオンラインストア

・楽天市場

・Kiigo(キーゴ)


【クレジットカード決済で購入可能の店舗】

・COSTOCO(コストコ)

・家電量販店(ヤマダ電機、ビックカメラなど)

・Apple直営のApple Store


メルペイバーチャルカード


メルカリが提供しているスマホ決済サービス「メルペイ」から、2021年5月31日より新たにMastercardオンライン加盟店でカード決済として利用できるバーチャルカードが誕生しました。


バーチャルカードで決済した金額は、翌月以降にまとめて支払うという仕組み「メルペイスマート払い」になっています。


メルカリのアプリ上で申し込みをすれば、審査不要で即日発行されます。


iTunesカードを後払いで購入して高額現金化


後払いで購入したiTunesカードを換金して現金化することで、手元にお金がない状況での資金繰りができます。


特にAmazonギフト券やiTunesカードは換金率の高さから、現金化の方法として利用されることが多いギフト券です。


iTunesカードを高く売りたいなら、買取サイトに買い取ってもらうことがおすすめです。


iTunesカードの換金方法は金券ショップやオークションなどいくつかある中で、買取サイトは換金率、振込までの速度共にに優れています。


まとめ


iTunesカードを後払いで購入する方法を紹介しました。


現金調達のために後払いで購入したiTunesカードや手元に不要なiTunesカードをお持ちの方は、ナナギフトまでお申し込みください。


iTunesカード初回申し込みページ