コラム

Column

コラム

アップルギフトカードの残高確認をする方法
2021-11-15アップルギフトカード

アップルギフトカード 残高確認

2021年11月10日にAppleから新しく販売開始されたアップルギフトカード。


今回はアップルギフトカードの使い方や残高確認方法を紹介します。


アップルギフトカードとは?


アップルギフトカード(Apple Gift Card)とは、Appleが2021年11月10日から日本で販売を開始した新しいギフトカードです。


米国、カナダ、オーストラリアでは2020年7月31日から販売を開始していましたが、日本では約一年三カ月遅れで販売がスタートされました。


アップルギフトカードは、これまでの「App Store & iTunesギフトカード」と「Apple Storeギフトカード」を統合したギフトカードです。


Apple製品、アクセサリ、アプリ、ゲーム、音楽、映画、テレビ番組、iCloudなどの購入に使用できます。


日本で販売開始されたデザインは、これまでのiTunesカードやアップルストアギフトカードのデザインとは異なる新しい5種類のデザインとなっています。


なお、iTunesカードやアップルストアギフトカードを所有してる場合は、引き続き利用が可能です。


アップルギフトカードの使い方


アップルギフトカードはiTunesカード同様、アカウントにチャージして使用します。


ここからは、アップルギフトカードのチャージ方法や残高確認方法を紹介します。


アカウントにチャージする方法



①送られてきたメール内の「今すぐ使う」をタップします。


②この画面が表示された後アカウントへサインインが求められるので、Apple IDとパスワードを入力するかFace IDでサインインします。Apple IDとパスワードを入力するかFace IDでサインインします。


③自動的にコードが入力されてチャージが完了します。


カードタイプのチャージ手順


①iPhoneのホーム画面からApp Storeアプリを起動します。


②画面右上にある人型のアカウントアイコンをタップし、「ギフトカードまたはコードを使う」を選択します。

※ App Storeにサインインしていない場合は「Apple ID」「パスワード」を入力してサインインしてから行います。


③カードの裏面のシールを剥がすかスクラッチを削り、コードを表示します。


④「カメラで読み取る」か「コードはキーボードでも入力できます」をタップします。


⑤カメラで読み取る場合はカード裏面のコードをカメラで読み取ります。


キーボードで入力する場合は、16桁のコードを入力します。


⑥「コードを使う」をタップします。


Apple IDの残高確認方法



①App Storeを起動します。


②右上のアカウントアイコンをタップします。


③「クレジット:¥○」と残高が表示されます。


設定からクレジット残高を確認する


①設定を起動します。


②一番上のアカウントをタップします。


③「メディアと購入」をタップします。


④「アカウントを表示」を選択します。


⑤「残高:¥○」と表示されます。


購入履歴の確認方法


①設定を起動します。


②一番上のアカウントをタップします。


③「メディアと購入」をタップします。


④「アカウントを表示する」を選択します。


⑤下にスクロールし、「購入履歴」をタップすると購入履歴ページが表示されます。


ここではApple ID残高を使って決済したもののほかに、無料のアプリやコンテンツの入手履歴も表示されます。


残高不足時に他の支払い方法と併用


アップルギフトカードでチャージしたAppleアカウント残高を使ってapple.comまたはApple Store Appで商品を購入する際に、足りない差額分は他の支払い方法と併用して支払うことができます。


アップルギフトカードは最大8枚まで同時に利用できます。


以下の組み合わせがアップルギフトカードとの併用が可能です。


・アップルギフトカード最大8枚

・アップルギフトカード(複数可)+ クレジットカード


アップルギフトカードの種類


アップルギフトカードには物理的なカードとデジタルコードの2種類があります。


デジタルコード


アップルギフトカードのデジタルコードは、Apple公式サイトから購入することができ、メールでコードが送られてくるタイプです。


購入時に送りたい相手のメールアドレスを設定すれば、友人や知人にメールでプレゼントすることもできる便利な形態です。


カードタイプ


カードタイプは2021年11月11日から店頭やApple公式サイトにて販売が開始されました。


Apple公式サイトで購入する場合も送料無料で届けてくれます。


カードタイプの使い方は、iTunesカードと同様に、カード裏面にあるコードをアカウントにチャージして使用します。


また、カードタイプのアップルギフトカードはPOSAカードと呼ばれる仕組みになっていて、レジに通すことで有効化されるので、万引きや盗難などのリスクはありません。


ただ、レジを通して支払いをしたのに通信エラーなどのトラブルで有効化されないことが稀にあるようです。


そのようなトラブルがあった際は購入時のレシートを保管していればレジに通して購入したことの証明になり対応してもらえるので、購入してからアカウントにチャージするまではレシートを保管しておくことをお勧めします。



アップルギフトカードはapple.com、Apple Store App、Apple Storeで購入できます。


2021年11月10日からは店頭やapple.comでカードタイプが販売されています。


コンビニなどの店頭では在庫限りApp Store & iTunesギフトカード(iTunesカード)も販売されていますが、チャージするとAppleアカウント残高として登録されるので引き続き利用可能です。


アップルギフトカードの使い道


アップルギフトカードはiPadやイヤホンなどのApple製品やアクセサリとアプリ、ゲーム、音楽、映画、テレビ番組、iCloudなどのデジタルコンテンツの購入に利用できます。


詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

【2021年版】アップルギフトカードの11の使い道


アップルギフトカードが使えない時の対処法


アップルギフトカードをチャージしようとしたけれども使えない、エラーが表示されるという場合はこのような原因が考えられます。


カメラの誤認識


アップルギフトカードをカメラで読み取る時に誤認識することは基本的にはありませんが、読み間違える時はコード部分に汚れやかすれがないかチェックしてみてください。


入力ミス


アップルギフトカードのコードを手入力する場合は、打ち間違えによる入力ミスの可能性が高いです。


今一度コードを確認してから打ち直してみてください。


使用済み


チャージする際に「このコードは使用済みです」と表示される場合は、文字通り既に使用されたカードです。


オークションや売買サイトなどから入手した場合、使用済みのカードを売られてしまった可能性があります。


有効化されていない


店頭でアップルギフトカードを購入する場合、レジを通すことで有効化され使えるようになる仕組みになっています。


しかし、稀に正常に有効化が行われずチャージできない場合があります。


その場合は、購入した際のレシートを持って購入店舗に問い合わせてください。


外国で入手したカード


アップルギフトカードはその国で販売されているものだけチャージができます。


外国で購入したアップルギフトカードは日本ではチャージできません。


反映の遅れ


チャージが成功したはずなのに残高が変わっていない場合は、反映が遅れているだけの可能性もあります。


時間を置いてから確認するか、一度サインアウトして再度サインインすれば反映されます。


Apple側の一時的な不具合


Apple側やネットワークの一時的な不具合で、チャージできない場合もあります。


Twitterなどで調べると、同じような状況の人のつぶやきが見られるかもしれません。


時間を置いてから再度チャージすると正常にチャージができるでしょう。



今回はアップルギフトカードの使い方や残高確認方法を紹介してきました。


Apple IDの残高は、App Storeや設定から簡単に確認することができます。


アップルギフトカードの買取をご希望の方は、ぜひナナギフトまでお申し込みください。


高換金率・スピード振込で買取をさせていただきます。


これまで通り iTunesカードとアップルストアギフトカードの買取も引き続き行っています。


アップルギフトカード初回申し込みページ